コンプライアンス

株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバルは、コンプライアンスを全社的に取り組むべき経営の最重要課題の一つと捉えコンプライアンス経営を重視している。

具体的には、「企業行動憲章」において、あらゆる法令・諸規制等を遵守した判断・行動を、役職員一人ひとりが実践すべきことを宣言するとともに、「役職員行動規範」において、社会規範・法令等の遵守の具体例として、各種法令・規則の遵守、インサイダー取引の禁止、不正な利益供与の禁止、労働関係法令・規則の遵守等を示し全役職員に対してコンプライアンスの浸透を図っている。

また、コンプライアンス経営を維持・向上させることを目的として、「コンプライアンス経営規則」を定め、全役職員が遵守すべき法規制等の要求事項を明示するとともに、法令遵守を徹底すべく、コンプライアンス室及び同室長による社内通報制度を含むコンプライアンス情報の収集と対処の体制を明らかにしている。

さらに、業務の多くを海外で展開している当社の特質を踏まえ「コンプライアンス規程」及び「コンプライアンスマニュアル」を作成し、役職員のみならず、また、契約形態や勤務地を問わず、会社の業務に従事する一人ひとりがこれらに基づいて法令等を遵守するとともに、法令の目的である社会的要請、社会通念及び社会倫理等を尊重して行動すべきことを周知徹底している。

なお、コンプライアンス体制の確実な運用を確保するため、取締役会は「コンプライアンス規程」に基づき、委員長、社内各部門のコンプライアンス委員及び事務局で構成されるコンプライアンス委員会を設置している。同委員会はコンプライアンスに関する社内外の情報収集及び提供を行うほか、基本方針や活動計画等を立案し、各事業年度において、取締役会が決定するコンプライアンスの基本方針の下、コンプライアンス室が「コンプライアンス活動計画」を策定しモニタリングを行っている。モニタリングの結果は定期的に取締役会に報告されると共に、当該活動計画の見直しに反映されている。